西成の民のブログ

西成の民によるDXM奮闘記

最初期環境終盤のアグロハデス

烈火の軍狼追加前、最初期環境終盤で現在使用しているアグロハデスのレシピが以下の画像です。
主にミラーマッチを意識しています。

f:id:teamnishinari:20170426074708p:plain


途中4/4/4のゴーレムを採用したレシピを使用していたのですが、アグロハデスというデッキには合っていないと感じました。
理由としては即効性が無いということが大きな要因です。
また、軽いユニットを多く展開するデッキなので、配置の難しさもマイナスポイントでした。


代わりに採用した要撃は中型ユニットの除去に最適で、ブロッカーを排除しながらフェイスを削るのがこれまでと比べ容易になりました。


また、サナムに対しても2枚のカードで処理することも簡単になりました。
サナムは出されると6点以上の打点を吸われつつ、2~3枚のカードを消費させられるので、場に出されるとそれだけで大きく敗北に近づきます。


ミラーマッチについてですが、先攻の場合1ターン目から毎ターンユニットを展開することを心掛け盤面を取ることを意識すると良いでしょう。
除去やヒロパを駆使するのも選択肢の一つです。
サナムをプレイすると手札差を覆せる、または五分に持っていけるので、出来ることなら5ターン目にプレイしたいところです。


後攻の場合なるべく早いターンで2アクション取りゲームの主導権を握るようにしましょう。
もしくは4ターン目にコインからのサナムで主導権を握るのも良い手段です。
主導権を握れない場合は相手のユニットの処理に追われ後手後手になってしまうので、そうなると勝利の期待は薄いものとなるでしょう。


今週末のイベントはこのデッキをプレイする予定です。