西成の民のブログ

西成の民によるDXM奮闘記

西成の民式アグロハデス

今回は現在使用しているアグロハデスについて個人的に感想を書いていきます。


デッキレシピは以下の画像です。f:id:teamnishinari:20170417080408p:plain


このデッキでSランク帯のランク戦で途中9連勝し、通算成績21-5の勝率80.7%を叩き出しました。
この週末のイベントでは何度か低ランク帯とマッチングしましたが10連勝で無事に3000位以内に入りました。


雑感としてはイズモとマッチングすることが多く、対イズモは9:1くらいの相性差と思っておりよっぽどな事が無いくらい負けないという感じです。
実際に先攻でマリガン後1/2/2、4/3/2、7/5/5という初手でドローがケラウノス✖2、サナムという事故手札でも勝つことが出来ました。


アテナ軸のオリンポスに対しても7:3くらいで有利やと思っています。
ヒロパの違いが相性差に顕著に表れています。
アテナ軸は海があれば手札消費無しでユニットを処理することも可能ですが、オリンポスを使用した経験がある方は共感してもらえると思うんですが、地形を海にする事が出来ないことが中々に多いんですよね。
その点ハデスは地形関係無しにユニットを処理することも可能なのが、アテナに比べ優れている点ですね。


ハデスミラーに関しては1T目にカタツムリ、最速でサナムを出せるかという事と、速攻持ちユニットを相手より多く引けるかが勝負の鍵やと思います。
個人的にミラーは負けまくってるんで、もっとミラーマッチを練習してマリガンやプレイングを磨き確立させたいなぁと思っています。


アスガルドに関しては対戦回数が少ないという事と構築のしっかりした強いデッキとマッチングしていないので何とも言えない感じです。


ルクソールに関してもアスガルドと同様で何とも言えない感じなんですが、アメン出される前に勝負を決する様に立ち回るべきですね。
アメン出されると大体負けで、2枚目出されたら負け確です。


ミカエル軸のトリニティに対しては6:4くらいで微有利と感じていて、配置次第で戦車やドラゴンの除去が刺さりませんし、マンティコアや6/3/4もケラウノスで処理しながらユニットでフェイス削れれば大きく勝ちに近づきます。


ガブリエル軸のランプトリニティは3:7くらいで不利やと感じています。
早いターンにプレイされるカオスキメラがどうしようもないからです。
実際にカオスキメラに1:5交換を要求され、ケラウノス引くのを待っていたらルシファーに盤面崩壊され為す術無く負けた事がありました 。
序盤を2/2/2の鳥、2/0/3の鉄壁にカタツムリの攻撃3回6点吸われたり、3マナ2点ドレインの除去などでグダらされる点も不利な要因です。


デッキに関しては5/3/3、サナム、ターニア、ベリザリオが自由枠で環境に応じてカードを差し替えるのをオススメします。


1戦1戦が短いのでランク戦駆け上がりたい方や合間のちょっとした時間にプレイするのに最適なデッキなので、是非お試しください。